redballoon
OFFICIAL WEB SITE mobile

重要なお知らせ (2011.11.01)

いつもredballoonを応援頂きありがとうございます。

この度redballoonは、2012年3月3日(土)にメンバーの地元である知多市勤労文化会館で行われるライブをもって活動を休止する運びとなりました。

このライブはメンバーの意向もあり、今までredballoonが大変お世話になってきた「知多メディアスネットワーク」の主催で行われます。
公演詳細に関しましては、後日改めてご報告させて頂きますので今しばらくお待ち下さい。

この度の活動休止に至る経緯と意向に関しましては、メンバーからのメッセージが届いておりますので、以下に掲載させて頂きます。


redballoonから親愛なる皆様へ

今回の事でみんなは何かしらの衝撃を受けたと思います。
始めにこれだけは言わせてください。

『解散』ではなく『活動休止』という事を。

redballoonは結成して10年が過ぎました。
様々な出会いや別れ、そして音楽的なチャレンジもしてきました。
今までのキャリアの中で今のredballoonが『最高にカッコイイ』。
それは嘘偽りなく断言できます。

今まではみんなが思うredballoonをみんなと一緒に合致して一心不乱に追いかけ、その答えを『redballoon』という枠の中で提示してきました。

僕ら2人がredballoonなのに何故か一人歩きしてしまった『redballoon』をずっと追いかけていた様な気がします。

しかし去年の古巣の岡崎CAM HALLでのワンマンLIVEで、それを超えてしまった何かが自分の中で広がりました。

自分の嵩を上げた中で今度は今までとは逆に『新しいredballoon』を、追いかける側から想像するのではなく新たに僕らが想像していきたい!

その為に2人が決断した答えは、『自分と真剣に向き合う』ということでした。

10年間、村屋兄弟でどんな時もredballoonを思いながら、ただひたすら走ってきました。

今度は今までの殻を破って、まずは自分の為に音楽と真剣に向かい合いたい。

その先に『新しいredballoon』が待っている。

今はそこをだけを目指して、ポジティヴな考えから、redballoonの活動を一旦ストップしたい。

今までの2人のやり取りの中で珍しく、僕らの答えが奇麗に同じ方向を向いていた。

これから村屋光二、村屋克典が暫く別々の未来を歩んでいきますが、同じ終着地を目指して進んでいくという事実だけは、声を大にして伝えたいと思います!

『新たな始まりの為の終わり』

わがままは承知ですが、次の新しいredballoonを目指して進む、僕ら2人の未来を応援してほしいと心から思っています。

愛してます。

redballoon
村屋光二
村屋克典


+TOP PAGE

+BIOGRAPHY

+DISCOGRAPHY

+LIVE

+MAIL MAGAZINE

+KOJI'S BLOG

+WEB SHOP


Copyright 2011
Wish Co.,Ltd.
All Rights Reserved.